MENU
Sponsored Link

アドセンスの警告【ads.txt】が消えない場合の対処方法!

2019 7/23
アドセンスの警告【ads.txt】が消えない場合の対処方法!

先日、ads.txtの警告について記事を書かせていただきました。

ですが、まさかの落とし穴が

私は普段、notepad++を使って編集しています。

ええ、文字コードはもちろんutf-8で!

Windows付属のメモ帳では、どう頑張ってもBOMが付きます。PHPなどを触る場合は、Notepad++やTerapadなどのエディタを使用してください!

ですが、色んな人のads.txtをアップロードしていくうちに、なんだか不穏な空気が。

目次

アドセンスの警告【ads.txt】が消えない!?文字コードの甘い罠

ads.txtを作成する場合、文字コードはUTF-8のBOMなしでなければなりません。

やっと設置終わったー!と思って確認ツールを実行。

DataSign FE | 株式会社DataSign
Ads.txt Manager | DataSign FE
Ads.txt Manager | DataSign FE

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

このエラーは、見ての通りUTF-8じゃねーぞってエラーです。

なんで。

私はUTF-8で保存したのに!!

アドセンスの警告【ads.txt】結局なぜかはわかりませんでした。

私のこのさぶかるぐらしは、このエラーが出ませんでした。

でも、テストサイトは出ました。

同じ環境なのに!

同じエディターなのに!

同じサーバーなのに!

Windowsは2バイト文字が入っていないとUTF-8として判断できず、SHIFT-JISになっちゃうんだとか、噂もありますが、私の現象は!?

友人はコノハはイケた!とかエックスサーバーはあかんかった!などなど続々と情報は入ってきておりますが、正直検証不可能。

というわけで、かわうそ先生(@55mamalog)に以前より伺っておりました、強制的にUTF-8として認識させる方法を実行。

見事エラーは回避されました!

アドセンスの警告【ads.txt】が消えない場合の対処方法!【その2】

[timeline]
[tl label=’手順1′ title=’.htaccessの編集’]
.htaccessにコードを入れます。

エックスサーバーではブラウザから更新できますが、他のサーバーはリネームしてダウンロード、アップロードしてリネームという段階を踏まなければならない場合がございます。
[/tl]
[tl label=’手順2′ title=’コードを挿入’]
[codebox title=”コード”]


<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

[/codebox]

挿入場所は一番最後で大丈夫です。
[/tl]
[/timeline]

いかがでしたでしょうか。

.htaccessは、大事なファイルです。

ミスるとアクセス不能になってしまいます。

不安だなと思う方は、ココナラでこなゆきに「このページ見たよ!」と話しかけてみてください(笑)

Sponsored Link

目次
閉じる